このHPについて
ソーシャルワーク・オープン・ゼミナールへようこそ

ホームページ開設のきっかけ
 このホームページは、社会福祉の現場で、ソーシャルワーク、実践活動に関わっている人たちの情報交換ができる場があったらいいのに、というところがきっかけで始まりました。
 ソーシャルワークは、現場での実際と理論の両方を知っていないと、なかなか思うように進みません。そういう意味では、本当の意味での学習は、就職して現場での実際に携わるようになって始まります。しかし、実際に現場にいると、思いのほか実際と理論を結びつけることは簡単ではありません。実際に自分が行っていることを理論的に整理したり、よりよい方法・援助はないだろうかと客観的に検討する機会も少ないのです。
 これは、以前勤めていた専門学校の卒業生との話がきっかけです。実践の現場で、悪戦苦闘しながらもなんとかよりよい援助をしたいと思っているのに、本音で語り合う場がなく一人苦しんでいるのです。
 それぞれの所属機関・施設での勉強会はあるでしょうが、その組織での上下関係やしがらみなどがあり、思うことが率直に言えないこともあります。そこで、このような形での取り組みを考えました。大学等のゼミナールをネット上で開くと考えてみてください。
このページがめざすこと
 ソーシャルワークに関心のある人がこのページを見ていただいていると思います。特に、実践をしている方は、「現実はそんなに甘くはないよ」、と冷ややかに読まれているのでは? とも思います。私自身も実践から離れて、現実離れしたことを言っているのではないかということが一番の不安です。
 そこで、さまざまの実践をされている方が、理想と現実との狭間で思い悩んでおられることを共有し、一緒に考えて行きたいと思っています。
 よりよい実践をするために、経験と理論を結びつけたい。
 将来福祉実践につく学生に、効果的な臨床・実践学習をしてほしい。
 実際に自分がしていることを、適切な表現で相手に伝えて、良い実践を共有したい。
 自分がしていることの理由と根拠をきちんと表現したい。
 などなど……。

 このページをご覧になった方で、上記のようなことを考えている方、是非メールを送ってください。

  宛先 



   「トップページ」へ戻る