掲示板の書き込み情報

Social Work Open Seminar 掲示板の書き込み内容です
(2003/3/21 まで)


Date:2003/03/09
Daimei:
初めまして
Comment:
 ちゃーりーおかの さん,

 初めまして.
 学校でのソーシャルワークについては,最近活発な動きが出てきてい
ますよね.
 私も広島で研究会を立ち上げています.HPに項目がありますので,
すでに見ておられるとは思いますが.
 3月は関西スクールソーシャルワーク研究会に参加する予定です.

 ぜひいろいろと発言してくださいね.



Date:2003/03/09
Daimei:
はじめまして
Comment:
こんにちは(^−^)
先日始めてお邪魔しましたちゃーりーおかのと申します。
現在は知的障害者の通所授産施設の職員をしています。
学生時代からスクールカウンラーやソーシャルワークに
関心があり、不登校で卒論を書いたという経緯があります。
また来ますので、これからもよろしくおねがいします。



Date:2003/03/02
Daimei:
くれよんたいむ
Comment:
ここのサイトはたいへん興味深いです。
いろんな職種の方が集まってきているようです。OTR、OTS、CP、PSW他特に掲示板は面白いです。ここで「かすがあゆむ」の名前に当たるとは予想もしませんでした。ちょっと笑っちゃいました。



Date:2003/03/02
Daimei:
くれよんたいむ
Comment:
このサイトはたいへん興味のあるサイトです。
個人的にはたいへん有意義に利用しています。
ここの掲示板面白いですよ。



Date:2003/03/01
Daimei:
はじめまして
Comment:
 はじめまして ホームページ読ませていただきました 情報満載の非常にためになるサイトですよね。
 わたくし精神障害リハビリテーションについて話し合うサイトをしています よろしかったらまた遊びにきてください。楽しみにまっています。
URL:
 http://www.geocities.co.jp/Beautycare-Venus/2902/



Date:2003/02/28
Daimei:
リンクさせていただきました
Comment:
遅くなりまして、リンクはらせて頂きました。
これからもよろしくお願いいたします。



Date:2003/02/27
Daimei:
匿名希望さん,お帰りなさい
Comment:
 匿名希望さん。ようこそ,帰ってこられました。歓迎します。

 ソーシャルワークでは,問題の社会性という視点が重要です。だから
ソーシャルなのです。問題を抱えている人の問題を個人の問題だけにし
ないで,周囲の人を含めた社会や環境,制度,文化,しきたり,ルール
考え方などにも大きな原因があると考えます。もちろん,人はそれらか
ら影響を受けているので,互いに密接に関係があります。
 その関係はその人によってすべて違いので,1人ひとりと向き合い,
コミュニケーションをとるなかでしか分かってこないと考えるのです。

 そういう意味で,ソーシャルワークには社会的な視点がなくてはなら
ないと思います。
 ただ,それだけではありませんよね。それ以外も重要だと思います。

 再度,ソーシャルワークの4つの固有性という話になります。私はこ
れらはすべて欠くことができない固有性だと思います。

 もう一度1月27日のひとりごとのURLを載せますね。

 http://www.socialwork-jp.com/monologue2003.html

 ご覧ください。



Date:2003/02/27
Daimei:
現場はいろいろ
Comment:
 現場とは,それこそいろいろです。

 高齢者福祉で言うと,特別養護老人ホームをはじめとした施設であっ
ても,在宅介護支援センターであっても,Joyさんが言われていることは
行われています。

 精神保健福祉に関して言うと,病院のソーシャルワーカーも,社会復
帰施設のソーシャルワーカーもそのようなことを目指していますし,実
際にされています。

 そのほか,福祉事務所も児童相談所などの行政機関でも同じです。

 ただ,これが一番大切なのかもしれませんが,自分の仕事をソーシャ
ルワークだとはっきり意識して,日々の仕事の中でそれを実現するよう
にしているのかどうかということです。いわゆる,専門職としてのアイ
デンティティをもって仕事ができるかどうかです。

 日本ではアメリカほど専門職としての訓練を徹底的にはしません。そ
のこともあって,アイデンティティを持ちにくい状況があります。
 この掲示板の中で匿名希望さんが明らかにしたいと言われている,こ
れがなかったらソーシャルワークとは言えない核になるものが確固とし
て持ちにくいので,したいと思ってもできなかったり,いつの間にかア
イデンティティを失ってしまったり,ということがあるように感じてい
ます。(自分自身の反省も含めて)

 ですから,joyさんの質問に対する返事は,現場はいろいろあるよ,と
いうことになります。



Date:2003/02/27
Daimei:
視点と実践
Comment:
 ソーシャルワークの専門性は、「社会」という視点にある。ソーシャルワークの固有性は、「社会」という視点を常にもち続けていることにある。

 ソーシャルワークの専門家は、「社会」という視点を通して、人と向き合う。そこに見えてきた問題をふまえて、介入の必要性を判断する。そして、必要なことを実践する。

 向き合うことになる人には、誰ひとりとして同じ人はいない。そこに見えてくる問題も、介入の必要性も、さまざまである。ソーシャルワークの専門家は、必要なことを実践する。その結果、ソーシャルワークという実践は、さまざまなものになる。

 視点は、あくまで視点である。対象が無ければ、何も見えてはこない。ソーシャルワークとしてすべきことは浮かび上がってこない。人と向き合わないままの議論は、意味がない。

 現時点で、可能な限り、整理してみたものです。また、考えてみます。



Daimei:
現場とは?
Date:
2003/02/24
Comment:
さっそくのお返事、どうもありがとうございます。実際、先生がおっしゃる「現場」とはどういうところのことですか?地域のネットワークを広げたり情報公開を仕事として人と人をつなぐような役割(自分でも具体的にどういうことができるのか、よくわからないんですが)がしたくて、ソーシャルワークを学んでいます。私がやりたいことがある仕事場とは、どういうところになるんでしょう?まだまだ駆け出しなので、わからないことがいっぱいあります、、、自分で探さなければいけないのですが、日本の情報を知る手段がインターネットしかないので、実社会のことなど、わかりません。なにか、手がかりがほしいです、、、



Daimei:
あれま!
Date:
2003/02/23
Comment:
福祉学会で発表あったんですか?
私はあの時は自閉症に関わる発表だけを聞きに行ってました。。。しかも1日目だけ。。。
おしいことをしました〜。

 私がソーシャルワークに興味を持ったのは、高校の時にスクールカウンセラーになりたいと思ったのが初めです。
 でも、スクールカウンセラー事態が現場での有効性が薄いという話を聞き、福祉(障害児教育)などとのかかわりも必要だと感じ始めています。
 そこで、ソーシャルワークというものに興味を持ったということです。
 まだまだ知らないことだらけですけど^^;



Daimei:
狭い意味?
Date:
2003/02/23
Comment:
 運営をしている長崎です。

 Joyさん,初めまして。
 ソーシャルワークに関する一般的な認識は確かに違いますねえ。そう,
そう,って感じです。でも,その必要性は多くの人が分かっています。
特に,社会福祉を学んだ人はね。
 しかし,介護(ケア)を学んだ場合には,ソーシャルワークに対する
認識が弱いように感じます。(もちろん個人差はあります)
 Joyさんの「同世代の友人やまわりの日本人」という人がどのような人
なのかは分かりませんが,ソーシャルワークに関する認識はそれほど間
違っているわけではありません。

 Joyさんが最後に書かれている人と人をつなぐことや,地域の交流を
広げることをしている現場の実践者は多いのですよ。そういう意味では,
アメリカだからとか,日本だからとかという違いはないようです。



Daimei:
初めまして
Date:
2003/02/23
Comment:
 運営をしている長崎です。

 初めまして。スクールソーシャルワークに感心を持っている人が少し
ずつ増えているようですね。日本社会福祉学会でも,発表がいくつかあ
りますしね。
 私も広島スクールソーシャルワーク研究会をしています。活動はまだ
まだですが,先日も中学校の校長先生と話し合う機会がありました。

 まんちかんさんが,どうしてスクールソーシャルワークに感心を持つ
ようになったのかなども教えてくださいね。(*^^*)



Daimei:
Need information
Date:
2003/02/23
Comment:
はじめまして。私は今、アメリカでソーシャルワークを勉強しています。将来的にはここで学んだことを生かして、日本で働きたいと思っているのですが、もちろん、アメリカと日本では社会的なシステムや福祉に関する考え方(一般的な認識)などなど大きな違いがあるのは当然だと思うのです。アメリカの大学を卒業しても社会福祉士の国家試験を受ける資格は得られません(現在はそうだと思うのですが、、、)。福祉の関する関心や需要はこれからも高まっていくことに違いはないのですが、自分が日本に帰った時に、私が学んだことをどういう分野の福祉に、どのように生かせるか、それが問題です。アメリカではソーシャルワーカーはいろいろな分野で働いています。日本ではまだソーシャルワークという概念自体が狭い意味でしか認識されていないような気がするのです。例えば、ソーシャルワーカーと呼ばれる人は病院や老人ホームや障害者福祉施設で働いている人、というような感じで。同世代の友人やまわりの日本人のソーシャルワークへの認識はあまり広くありません



Daimei:
こちらこそよろしくおねがいします
Date:
2003/02/22
Comment:
リンクありがとうございます。こちらこそよろしくお願いいたします。
現在、私はソーシャルワーカーの記録の標準化ができないものかと模索中。PCによるクライアント情報や記録についてデータベースを製作しています。もしよろしければ(Microsoft Accessが必要ですが)ご意見をお聞かせ下さい。



Daimei:
はじめまして!
Date:
2003/02/22
Comment:
はじめまして、まんちかん(猫)といいます。

 大学では教育学を専攻していまして、学校ソーシャルワークに興味を持っています。
 MLにも参加させていただきたいと思いますので、よろしくお願いします



Daimei:
HPのリンクを張りますね
Date:
2003/02/22
Comment:
 ぴのさんへ,

 ぴのさんのHPにリンクを張らせていただきます。よろしければ,相
互リンクをお願いします。m(_ _)m



Daimei:
木村さんおかえりなさい
Date:
2003/02/22
Comment:
 木村さん,お帰りなさい。

 木村さんの書き込みは,木村さんらしさが出ていて,とてもよかった
と思います。いつも,本音で語られるので,嬉しいです。

 自分を開き,語るところから,交流が始まりますよね。利用者の方で
あっても,同じソーシャルワーカーであっても,スタンスは同じだと思
います



Daimei:
匿名希望さん
Date:
2003/02/22
Comment:
人、それぞれとは想います。私はかなり厳しい書き込みをしていたのだと想います。でも、私の想うことであったことには嘘偽りはございません。
「卵が先か鶏が先か?」そんなことの「応え」を言いあうのもいいけど、そのまんまの「卵」とそこから生まれてくる「ひよこ」と成長していく「鶏」と一緒にすごすことの方が楽しいし、現場のように想います。
「1+1=2」のようなことで解決すればいいけど、そんなことは対人援助にはまあないような話です。10人いれば10人の生き様と個性。

よければ、匿名希望さんのお立場だけでも教えていただきたいと願っています。
それは今でもそう願っております。

   「トップページ」へ戻る