ソーシャルワークを学ぶ会
(通称:長崎塾


ソーシャルワークを学ぶ会(通称:長崎塾)
について
現在の内容
 現場で実践をしている方々とソーシャルワークを学ぶ会を開催しています。
 現在の参加者は11名+αです。自由館職員,施設職員,保育士,教員(高校・専門学校),臨床心理士,行政職員,看護師,当事者,学生などが参加しています。

 内容は,次の通りです。

内容:ソーシャルワークに関する本の輪読と解説。質疑応答。
ソーシャルワークを学ぶ会の情報は
Facebookのページでご覧ください
方針:ソーシャルワークに関する基本的な内容の本を取り上げていく。

日時:火曜日 午後8時00分〜9時30分(少し長引くことがあります)

今後の予定
【2016年】
 3月29日(火)20時〜
 4月12日(火)20時〜





場所:遊心工房
 〒720-0044 福山市今町1-18
 地図をご覧ください。
  ⇒
http://bit.ly/1RGFyRl
  電話 084-921-6772
現在読んでいる本は,次の本です。

荒井浩道(2014)『ナラティブ・ソーシャルワーク“〈支援〉しない支援”の方法』新泉社.






内容に関する状況(Facebook)
 ※ソーシャルワークを学ぶ会の情報はFacebookのページに移動しました(2011年2月23日



内容に関する状況 2009年
内容に関する状況 2008年
内容に関する状況 2007年
内容に関する状況 2006年
内容に関する状況 2005年
内容に関する状況 2004年
内容に関する状況 2003年
これまでの内容
 下記の本を使った学習

2016年〜(現時点)

荒井浩道(2014)『ナラティブ・ソーシャルワーク“〈支援〉しない支援”の方法』
新泉社.






2015年〜2016年
岩隈亜紀(2014)『心のケアが必要な思春期・青年期のソーシャルワーク』
中央法規出版.







2014年〜2015年

林浩康,鈴木浩之編著(2013)『ファミリーグループ・カンファレンス入門−子ども虐待における「家族」が主役の支援−』明石書店.






2010年〜2014年

フランシス・J・ターナー編著/米本秀仁監訳(1999)『ソーシャルワーク・トリートメント−相互連結理論アプローチ(上)中央法規出版.』





2009年10月13日〜2010年11月30日
ウイリアム・R・ミラ−,ステファン・ロルニック著,松島義博,後藤恵訳(2007)
『動機づけ面接法−基礎・実践編−』
星和書店.




2009年4月7日〜2009年10月6日
土居健郎(1992)
『方法としての面接−臨床家のために』
医学書院.




2006年12月5日〜2009年3月31日
 フローレンス・ホリス著 本出祐之・黒川昭登・森野郁子訳
 『ケースワーク −心理社会療法−』
 岩崎学術出版.3000円 絶版

2006年4月4日〜2006年11月21日
 黒川昭登・上田三枝子著
 『幻聴・不安の心理治療』
 朱鷺書房.2000年.



2005年1月25日〜2006年3月28日
 ニール・トンプソン著 杉本敏夫訳
 『ソーシャルワークとは何か −基礎と展望−』
 晃洋書房.2004年.2500円(税別)

2004年8月3日〜2005年1月11日
 高橋規子・吉川悟 著
 『ナラティヴ・セラピー入門』
 金剛出版.2001年.2600円

2004年2月3日〜2004年7月20日
 尾崎新著
 『ケースワークの臨床技法 −「援助関係」と「逆転移」の活用』
 誠信書房.1994年.2200円

2003年10月7日〜2004年1月27日(途中やめ)
 フローレンス・ホリス著 本出祐之・黒川昭登・森野郁子訳
 『ケースワーク −心理社会療法−』
 岩崎学術出版.3000円

2002年11月〜2003年9月30日
 F・P・バイステック著 尾崎新・福田俊子・原田和幸 訳
 『ケースワークの原則』−援助関係を形成する技法−(新訳版)
 誠信書房. 1996年. 2000円

期間は不明 (^^ゞ)
 黒川昭登著
 『不登校カウンセリング』
 朱鷺書房.1997年.1600円 
 

   「福山の福祉情報」へ戻る