福山市の福祉情報2004 

ココねっと−心のネットワーク福山−
 平成10年に福山市は中核市になりました。ちょうどこの年に私(長崎)は福山平成大学に就任し,地域での精神障害者福祉活動をどのように進めればよいのかということを考え始めていました。
 中核市は政令市に準じて,いろいろな事業を司独自に行うことができます。精神保健と精神障害者福祉に関しては,都道府県で行う精神保健に関する業務を市として実施するようになっており,保健所も設置されました。
 そのころから,精神障害者福祉に関する地域ネットワークの必要性を感じ,何とかできないものだろうかと思っていました。

 その後,いろいろな機会にこのことを発言してきましたが,なかなか実現しませんでした。しかし,2年ほど前から福山市の精神障害者福祉を取り巻く状況は大きく変化してきました。1カ所しかなかった精神障害者小規模作業所が3カ所に増え,無認可の作業所や憩いの家の活動,自助活動などが増えていっています。また,精神障害者福祉ホームB型と精神障害者地域生活支援センターもできています。そして,ネットワークの必要性を感じている人も増えてきています。

 従来,精神保健福祉の領域では精神障害に対する無理解,偏見,差別,そして何よりも福祉サービスの圧倒的な不足が目立っていました。また,ネットワークも専門家を中心としたものが中心でした。しかし,ここのところ,当事者や小規模作業所の職員,精神保健ボランティアの皆さんなどの活動を通してネットワークを作っていこうという動きが出てきています。

 その動きが,表題にあげている「ココねっと−心のネットワーク福山−」です。最初は,保健所や家族会,事業所等を中心とした連絡会で私が提案したことがきっかけです。それが,ほんのちょっとですが現実化してきています。

 今日(12/20)は,その集まりがありました。まずは仲良くなって,意見を言い合える関係作りから始めています。今日は,手巻き寿司を一緒に作り,一緒に食べ,語るという企画でした。ぼちぼちですが,進んでいきます。 
第7回 東部地区自主交流会
 福山市で10年にわたり精神障害を持つ当事者の自主活動を行っているコスモスフレンドFCCが中心となってい行っているイベントが今年は秋に開催されます。

 日程や内容は,次の通りです。

主 催 東部地区自主交流会実行委員会
精神障害者自助グループ「コスモスフレンドFCC」
共 催 精神保健福祉ボランティア「らいふ」
目 的 レクリエーションでともに楽しみ,分科会で誰もが話せる内容で一人ひとりが主人公として意見を述べ,東部地区周辺の当事者,家族,医療,保健,福祉関係者,施設職員,地域住民などと交流し心のふれあいを深めたいと思います。
プログラム 9:00 開場
9:30〜10:00 受付
10:00〜10:30 開会式
10:30〜11:00 レクリエーション
11:00〜11:20 休憩
11:20〜12:00 レクリエーション
12:00〜13:00 昼食
13:00〜14:30 分科会
14:30〜15:00 分科会の発表
15:00〜15:30 閉会式
会 場 福山市民参画センター(地図を参照してください)
日 時 2004年11月13日(土)10:00〜15:30
参加費 200円 (弁当代500円:要予約注文)
当日受付で支払ってください。
参加申込
 締切
10月22日(金)

 ご参加を希望される方は,私(長崎)にご連絡ください。
  kaz-n@socialwork-jp.com

   「福山市の福祉情報」へ戻る