卒業論文のタイトル一覧(2000年度)

2000年度 長崎ゼミ 卒業論文
2000年度に指導した卒業論文のタイトルと氏名の一覧表です。
:タイトルにカーソルを合わせると目次にジャンプできます。
精神保健福祉分野の卒論です
井上 真路  「精神障害者の社会復帰と作業所の果たす役割」
小川 貴之  「精神障害者の社会復帰における里親保護」
尾島 大明  「精神障害者の社会復帰における家族の役割」
笠井 俊吾  「SSTにおける精神科ソーシャルワーカーと患者の関わり方」
斉藤 裕史  「嗜癖問題への対応と今後の課題」
中藤由美子  「『ひきこもり』と対人関係の歪み」
花崎 淳代  「心の病の原因としての家族機能の不全とその回復まで」
松尾有美子  「虐待によるトラウマとそこからの回復」
南   聡子  「精神障害者に対する差別の歴史と現状と課題」
宮川 昌三  「対人援助職における個人理解」
宮本 佳織  「虐待によって起こる問題とその予防」
横山 由美  「精神障害者家族の役割と家族への支援」
渡部 武志  「共依存と対人援助職」
高齢者福祉分野の卒論です
王尾 理子
重政 知美
戸上 恵子
「高齢者と児童の人権を守るオンブズマンについて
           〜児童虐待、介護保険、高齢者抑制とオンブズマンとの関係〜」

 目次のファイルを見るときにはAdobe Acrobat Readerが必要です。

  「長崎研究室のページ」に戻る