「びんご・生と死を考える会」
心あたたかな医療110番
相談の内容紹介 27

質問27
 ホームページを拝見しご相談しようと思いました。

 知り合いの義父の方なのですが、余命1週間と宣告され(本人には知らせていません)現在入院と介護の毎日を過ごしています。他の方のメールでもあったように、「アガリクス」や「うこん」、インターネットで売られている薬品類のあらゆるものを知り合いのご主人が与えているようです。
 少し前に一時入院し、退院して数ヶ月してからの今回の入院でした。入院当初は本人が体が痛いといっていたのですが、今は点滴で(食事を口にせず)毎日が過ぎていっています。
 肝硬変からガンの可能性が95%といわれたそうですが、年齢(60歳)の上、他の病気からの影響で体力がないので手術や投薬も無理だと医者に言われ、今は腹水がパンパンにたまり、どうすることもできない、とのことでした。
 余命1週間というのはその腹水が破裂したら・・・ということらしいのですが、本人を見ている限りではとても元気でなんとか回復の余地はないものかと今回ご相談させていただいた所存です。           
回答27
 お答えします。

 腹水が破裂することはありません。今起きていることに対して適切な治療を受けることが大切です。治療の余地は無いのでしょうか。

 心あたたかな医療110番 内容紹介のトップページへ