「びんご・生と死を考える会」
心あたたかな医療110番
相談の内容紹介 24

質問24
 こんにちは。相談できない悩みを抱えています。
 母(56)は9月に脳出血で倒れ、10月上旬には退院し、通院でリハビリを受けていました。10月下旬に、物忘れがひどく食欲がないので診察を受けたところ、脳腫瘍が見つかり、入院しました。11月上旬、腫瘍摘出手術を受け、病理結果は、悪性の、神経こう芽腫と診断されました。腫瘍は徐々に進行し、今月にはとうとう酸素、尿カテ、点滴も入れられました。現在にいたるまでずっと入院しています。
 移動、更衣、食事、排泄など、全面的に介助が必要です。言語障害があり、自分の名前、今日はいつか、どこにいるかなどわからない状態です。受け答えはできます。
 「質問は、末期で入院中のがん患者でも、さらに休職中の給与を貰っていながら、市区町村の助成が受けられるのか、またどんな援助が受けられるかということです。」(身障者、介護保険、障害者年金?など)
 知人が、何でも役所や福祉事務所に話して聞いてみろというのですが、どうしても聞けない事情があります。
それは、職場にはがんである事を一切言っていないためです。職場に知らせたくない理由は、第一に、末期がんであり、要介護状態では仕事を辞めさせられるのではないかというのが一番大きな心配です。
 第2に、職場に知れて、たくさんの人たちがお見舞いに来てしまい、本人が疲れる、またはがんが知れるという心配です。
 病院の医療相談室の方は、職場の福祉事務所に話して、何でも協力してもらいなさいといいますが、なるべくなら話さないで、すませたいのです。助成や援助は受けられず、母ががんである事だけが広く知れ渡ってしまう事を一番恐れているのです。
 ですから約半年、黙って援助もうけずにいましたが、今日、知人に、「調べる事もしないのは家族の怠慢で患者がかわいそうじゃない、私の知人では月30万位市から貰ってる人がいる」といわれてしまったのです。
 今月から給料が2割減となり、私は介護で働いてないうえ、ひと月にI医療費が3万、民間療法が10万ので家計も深刻になりつつあります。
どうか、こんな私の悩みに答えて頂けませんでしょうか。よろしくお願いします。
回答24
  いくつか、分からないことがあります。
 病院に医療相談室があるのに、そこの相談員は何も教えてくれないのでしょうか。相談しているが何も具体的なことを教えてくれないということは、利用する援助(経済的な)がない、ということではないということではないでしょうか。
 それとも相談室では、きちんと相談に乗ってくれないということなのでしょうか。また、知人といわれる人が知っている月30万円というのは、どのようなお金なのかということです。市からもらっているということですが、助成金で月30万円という額を聞いたことがありませんから。
 通常は休職をすると、退職ということにはならないにしても、給料が支給されるということはないはずです。そのことを考えると、2割減とはいえ、給料が支給されているということは恵まれているのではないかと思われます。
 しかし、当然ですが、そのような状況が長く続くと、書かれているように家計に大きな影響が出てきます。ご質問の件ですが、身体障害者手帳、障害年金ともに症状が固定してから一定期間(1年6ヶ月)過ぎないとその対象とはなりません。病気の治療中ということであれば、症状が固定したとは言えません。
 介護保険は、介護が必要な状態であっても、慢性的な状態であること(つまり、積極的な治療を行っている場合は対象となりません)が条件です。また、そのような状況でも、入院している場合には、その病院が介護保険に対応しないときには(つまり、治療をしないで介護中心であること)、対象となりません。
 いただいたメールだけでは、情報が少なく、もしかしたら間違っているかも知れません。ぜひ、現在入院中の病院の相談室にソーシャルワーカーがいるのであれば、もっと相談に乗ってもらうことが必要と思います。
 また、分からないことなどありましたら、遠慮なくご相談ください。

 心あたたかな医療110番 内容紹介のトップページへ