「びんご・生と死を考える会」
心あたたかな医療110番
相談の内容紹介 16

質問16
 はじめまして。いろいろなHPをみていて、ここにたどり着きました。
 突然で申し訳ありませんが、わからないことばかりで、教えていただきたいこと があってメールしました。よろしくお願いします。
 11/1、父が、大腸にポリープが見つかり入院することになりました。 内視鏡でも取る事の困難なポリープが肛門から5cmくらいのところにあるそうです。そのポリープの細胞を調べると、癌細胞だったそうです。 また、摘出したポリープ(4つ)からも癌細胞が見つかりました。開腹手術をして人口肛門をつけることになるだろうとのことでした。
 今は、他の場所に転移がないか、などを調べているそうです。ポリープを取ればすぐに退院できると思っていた父にとって、開腹手術は、かなりショックだったようです。
 まだ、父には、癌が見つかったことは言っていません。(開腹手術の前には、告知しようと考えていますが、どこまでの告知になるのかなど、それもまだ考えていない状況です。)
 11/6、母が見舞いに行ったところ、父が、「医者に糖尿病だと言われた。」と 、気落ちしたように話したそうです。
 糖尿病の場合、癌の手術に、どんな影響があるのでしょうか? また、癌の告知ではない病気のことは医者からすぐに患者に話されて当たり前なのでしょうか?
 11/7、今後、目の検査(糖尿病の)もするそうです。 勉強不足で説明も上手く出来ていませんが、父の病状のことを知りたい一心です 。よろしくお願いします。
回答16
 お答えします。
 大変ご心配のことと思います。

> 糖尿病の場合、癌の手術に、どんな影響があるのでしょうか?

 糖尿病があると傷が治りにくいとか、化膿しやすいということがありますので、 手術 の合併症(縫合不全や肺炎など)を起こしやすいということになります。つまり、手術の危険性が高くなるということです。

> また、癌の告知ではない病気のことは
> 医者からすぐに患者に話されて当たり前なのでしょうか?

 本人に判断能力がない場合(子供や老人や障害者など)は別として、病気に関するこ とは本人に話すのが原則です。癌の告知も原則的には、まず本人に話すことになりますが、日本ではまだ個人の自己決定権に関する権利意識(自分のことを自分で決 める と言う権利)が低いために、家族に話してからという場合が多いと思います。個人のプライバシーの問題だと思います。

> 勉強不足で説明も上手く出来ていませんが、父の病状のことを知りたい一心です。

 担当医の説明を納得のいくまで聞くことが大切です。前以て準備をしておいて、分からないことは、そのときに納得のいくまで聞くことです。医師の説明の内容は必ず書いてもらうか、録音させてもらってください。専門的な内容の話しですので、一 度聞 いただけでは理解できないことが多いと思います。
 ではまたいつでもメイルをく ださい。

 心あたたかな医療110番 内容紹介のトップページへ